埼玉の金融機関、職員の勤務拠点を分散 コロナ対策で

2020/3/23 19:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、埼玉県内の金融機関が職員の勤務拠点を分散する取り組みを進めている。集団感染を防ぐほか、業務の継続性を保つ狙い。拠点の分散を進めながら、顧客の資金繰りの相談や融資に迅速に対応する。

武蔵野銀行は大宮駅近くに本店を構えるが、埼玉新都市交通・ニューシャトル鉄道博物館駅前の本店営業部ビルに拠点を新設した。企画、財務、融資審査の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]