千葉・佐倉市 ゲームしながら市内観光 RPGアプリ配信

2020/3/23 19:54
保存
共有
印刷
その他

千葉県佐倉市は、江戸時代の佐倉藩を舞台にしたスマートフォン向けロールプレーイングゲーム(RPG)アプリ「天倫(てんりん)の桜」の配信を始めた。地方創生を支援するequo(エクオ、佐倉市)と共同で開発した。ゲームをしながら市内の史跡や観光スポットを巡ってもらい、ゲームと連動した仕掛けや特典も用意して、観光振興につなげる。

千葉県佐倉市はRPGアプリを配信する

ゲームアプリはスマホやタブレットで無料でダウンロードできる。架空の藩士が主人公で、道中に出現する敵キャラクターを倒しながら、「佐倉武家屋敷」などの観光拠点に立ち寄りながら進めていく。途中で登場するキャラクターに話しかけると、市内の歴史を知ることができる。

全地球測位システム(GPS)を活用して、市内の史跡や文化施設を訪れると、強力な武器などが手に入る。市と提携している店舗に入ると、缶バッジなどのオリジナルグッズがもらえる。

市の担当者は「今後は各店舗にアプリと連動した商品を作ってもらうなどして、地域振興の柱に育てたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]