BAN-ZI タイヤ向け塗料を本格販売

2020/3/23 19:40
保存
共有
印刷
その他

特殊塗料開発のBAN-ZI(バンジ、千葉市)は、自動車のタイヤ用塗料「AQWAX」の販売を本格的に始める。一般のタイヤワックスに比べて耐久性が高く、タイヤ本体の劣化を防げるのが特徴。2020年度に3000万円の売り上げを目指す。

ツヤ出しだけでなくタイヤ本体の劣化も防ぐ

一般的なタイヤ用ワックスは、粒子がタイヤの粒子よりも小さく、タイヤの内部まで浸透する。そのためワックスが流れ落ちる際に、タイヤの紫外線防止剤なども一緒に流れてしまい、タイヤが劣化する原因になっていた。

バンジが開発したワックスの粒子はタイヤの粒子よりも大きく、表面に付着するため、タイヤへのダメージを軽減できる。ツヤは4カ月ほど持続するという。

販売価格はスプレータイプで1本(300ミリリットル)3600円(税別)。1本でタイヤ4個分を塗装できる。19年秋ごろから自動車関連の展示会やインターネット販売で試験的に販売して好評だったことから、全国のホームセンターなどでの本格販売に乗り出す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]