/

長野県知事、県立学校を新学期から再開方針

新型コロナウイルスへの対応を巡り、政府が小中高校などでの一斉休校要請を延長しない方針を示したことを受けて長野県の阿部守一知事は23日、「子どもたちが教育を受ける機会を確保することも重要だ。県立学校は、新学期から再開する方向で考えている」と述べた。児童・生徒や教職員の検温などの健康観察を徹底するとした。市町村立の小中学校についても、今後協議する。

県は同日、新型コロナに関する「今後の対応方針」を改定した。感染者の集団(クラスター)は確認されておらず、発症者の濃厚接触者を特定している長野県は「(国の専門家会議が提示した)『感染状況が確認されていない地域』と同様の状況」とした。こうしたことから、学校を再開しても問題ないと判断した。

対応方針では、対面での営業活動が制限される企業の支援も盛り込んだ。テレビ会議システムを使った遠隔商談会の実施や、長野県アンテナショップ「銀座NAGANO」(東京・中央)の宅配サービス拡充などを予定する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン