/

参院会派解消「議論あり得る」 国民・大塚氏

国民民主党の大塚耕平参院会長は23日のBSテレ東「NIKKEI日曜サロン」の番組収録で、立憲民主党との参院の会派解消の可能性に言及した。「大きな塊をつくるため頭を柔らかくして(立民と)議論している最中だ。議論の範疇にはそういうこともあり得る」と述べた。

両党は昨年9月から衆参両院で共同会派を組んでいるが、直前に選挙を競った参院側は共同の議員総会を開けないなど支障が出ている。大塚氏は記者団に「今は共同会派の十分な機能を果たせず、いろんな調整やトラブルが発生している。そういうことが発生しない状況をつくるのも一つの考え方だ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン