ノーリツ、永大産業に一部事業譲渡 住設撤退で

2020/3/23 18:36
保存
共有
印刷
その他

給湯機器大手ノーリツは23日、住宅資材を製造販売する永大産業(大阪市)にシステムキッチンや洗面化粧台の住宅設備分野を譲渡すると発表した。対象はノーリツ子会社で生産開発を担うアールビー(茨城県土浦市)のキッチンライフ事業所(前橋市)。譲渡は7月1日付で、金額は非公開。対象事業の2019年12月期の売上高は29億円だった。

同社は19年に住宅設備分野からの撤退を決め、今後は給湯器の販売に注力する方針。譲渡していない他の住設分野も6月末で生産を終える。同社の20年12月期の連結売上高見通しは9%減の1900億円。希望退職者を募るため特別損失を計上し、最終損益は46億円の赤字と5年ぶりに最終赤字に転落する見通し。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]