/

この記事は会員限定です

京都銀行、コンサル強化で純利益の水準維持 3カ年計画

[有料会員限定]

京都銀行は23日、2020年4月から3年間の中期経営計画を発表した。最終年度となる23年3月期の連結純利益は200億円と、20年3月期予想と同水準を目指す。低金利が長期化し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気悪化の懸念もあるが、コンサルティング営業の強化などで収益力を底上げする期間と位置づける。

同日記者会見した土井伸宏頭取は「相当厳しい3年間になる。預金量を9兆円、10兆円と伸ばしても収益がついてこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン