吉乃友酒造、シート交換のマスク開発 供給不足に対応

2020/3/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

吉乃友酒造(富山市)はマスクに取り付けて使う不織布製の交換シートを開発した。口や外気に触れるマスクの内側や外側に取り付け、シートだけを使い捨てにする。マスクをより長く使えるようにする製品だ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足は収束の兆しが見えない。「宴会控え」で日本酒の販売が半減するなか、事業領域を拡大して補う。

不織布製のマスクシートはマスクより一回り大きいサイズで、4月上旬をメドに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]