新之助、新潟のブランド米戦略に見直し論
米サバイバル@新潟(中)

2020/3/23 18:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県が8年の歳月をかけて開発したブランド米「新之助」。県はコシヒカリと双璧をなす高級なイメージで売り出しているが、あしもとでは販売に苦戦している実態が明らかになった。ブランド定着を図るためのPRも他県に比べて見劣りする。2017年のデビュー以来の高級路線を貫くか、現実的な戦略への転換を図るか。県は難しいかじ取りを迫られる。

「品質は高いが取引先には割高なコメだと思われている」。JA全農にいがた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]