長野県内で入社式などの中止・縮小相次ぐ

2020/3/23 18:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、長野県内の企業や自治体が、4月の入社式の中止や縮小に動いている。県中小企業家同友会は23日、例年40社程度で実施している会員企業の合同入社式を中止することを決めた。長野県も、新規採用職員の任用式の規模を縮小・分散実施する方向で検討。感染が国内で拡大するなか、企業は例年と違う対応を迫られる。

中小企業家同友会の合同入社式には、毎年新入社員が60人程度参加し、引率…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]