5Gサービス開始、月7000円台が主戦場に

ネット・IT
モバイル・5G
2020/3/23 18:00
保存
共有
印刷
その他

KDDIは5GでVRやARの独自コンテンツをそろえた

KDDIは5GでVRやARの独自コンテンツをそろえた

NTTドコモなど携帯大手3社の次世代通信規格「5G」の料金プランが23日、出そろった。各社は大容量プランを打ち出し、キャンペーンを含めると月7000円台が主戦場となる。ただ当面は通信エリアも速度も発展途上だ。5Gの性能をフルに体感できるのは1~2年かかる見込みで、消費者が乗り換えを急ぐメリットは薄い。

「5Gでもデータを使い放題にする」。23日のオンライン会見でKDDIの高橋誠社長は強調した。5Gの大容量プランではデータ通信容量に上限を設けず、月8650円(税別)で提供すると明らかにした。8月末までに契約すると月1000円の割引があり、2年間は4Gと同水準の月7650円で利用できる。

5Gサービスはまず25日のドコモを皮切りに、KDDIが26日、ソフトバンクが27日に始める。ドコモは主力の大容量プランを月7650円とし、当面はデータ容量の上限をなくした。ソフトバンクは2年間のキャンペーンで5Gの大容量プランを月7480円と、4Gと同水準の料金で使えるようにする。

3社の料金体系はキャンペーンを含めても大差ない。展開地域の狭さが大きな要因だ。エリアが広がるまでに「少なくとも1~2年かかる」(通信大手幹部)見通しで、全国的にサービスを使えるのはまだ先になる。

現時点では他社の顧客を奪い合うより、既存の大容量プランの顧客を5Gに移行してもらうことを狙う。各社はサービスや5G対応端末で移行を促している。

KDDIは「ネットフリックス」などの動画配信サービスを組み合わせた専用プランも設けた。高橋社長は「5Gを実際に体験したり、イメージしたりできるサービスをそろえる」と指摘する。

5G対応スマホは10万円を超える高価格帯が中心だが、ソフトバンクは27日の開始時点で中興通訊(ZTE)製の9万円以下の端末をそろえた。ドコモは富士通製「アローズ 5G」を取り扱う予定で、5Gならではの高速通信を可能にする端末を販売する。

ただ5Gエリアで対応端末を使っても、高速大容量の実力が最大限発揮できるわけではない。電波を流す周波数帯が少ないからだ。現行の4Gが最大毎秒1ギガビット超に達しているのに対し、当初ソフトバンクの5Gは理論値では同2ギガビット、KDDIは同2.8ギガビット、NTTドコモは同3.4ギガビットで2倍程度にとどまる。

各社は周波数帯を増やすことで高速化する。ドコモは6月以降、KDDIは夏以降に最大毎秒4.1ギガビットに高める。段階的に速度を引き上げ、開始時の4G通信速度の約100倍という5Gの性能を実現する計画だ。

「5G端末が本格的にそろうのは秋以降だろう」(KDDIの高橋社長)「8月末まで加入すれば5G料金なしで使える」(ソフトバンクの榛葉淳副社長)――。各社幹部らの発言で念頭にあるとみられるのが、秋に5G対応が噂される米アップルの「iPhone」の新機種だ。

3月末の5Gのサービス開始時点で各社が取り扱う端末は2機種ずつにとどまる。消費者は端末のラインアップが増え、5Gのサービス競争が激しくなるとみられる秋以降まで待っても遅くはなさそうだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]