中国指導部、新型コロナで浮上した新星
中国総局 多部田俊輔

新型コロナ
グローバルViews
コラム(国際)
中国・台湾
2020/3/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市から中国全土を経て、世界に感染が広がった新型コロナウイルス。習近平(シー・ジンピン)指導部は感染拡大を抑え込んだと強調するが、実際には現地の指導者が陣頭指揮で奔走している。2003年に北京市で重症急性呼吸器症候群(SARS)が広がった際、習氏の盟友、王岐山(ワン・チーシャン)国家副出席が北京市長代行に就き、SARSを抑え込んで出世の階段を駆け上った。新型コロナ対応でも尹弘・河南省…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]