瀬戸内海の魚食文化を発信 香川の安岐水産
going

2020/3/23 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

瀬戸内海の播磨灘を一望する風光明媚(めいび)な津田湾(香川県さぬき市)の一角。1965年の創業で50年あまりの歴史を持つ安岐水産を訪ねると、業務用が主力の水産加工会社らしからぬ、ポップな作りの総菜小屋が目に入る。

創業者の娘の安岐麗子さんが昨年1月に社長になって同10月から始めた「ちゅみうみ」は、その日の朝に津田湾に揚がった魚を社員が調理して地元の人に食べてもらう。まだ手探りの段階だが「魚食文化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]