謎の芸術家バンクシー、政治や社会皮肉る活動の軌跡
作品70点以上に映像やインスタレーションも、横浜市で

カバーストーリー
アートレビュー
2020/3/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本でもおなじみの匿名芸術家バンクシー。横浜市で開催中の「バンクシー展 天才か反逆者か」は収集家の作品を中心に初期から近作まで70点以上を展示。映像やインスタレーションも使って社会を風刺する作品が発展してきた軌跡をたどる。

1990年代から英国を拠点に活動する匿名のストリートアーティスト、バンクシー。2018年に競売大手サザビーズのオークションで、約1億5000万円で落札された「風船と少女」の絵…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]