大型商業施設効果が鮮明 高岡マイナス、富山はプラス
点検 北陸地価(富山県)

住建・不動産
小売り・外食
北陸
富山
2020/3/23 14:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高岡市宮脇町マイナス5.0%、高岡市新横町マイナス3.8%――。富山県の地価公示の下落率1位、2位には県内第2の都市である高岡の中心市街地が並んだ。昨年8月の大和高岡店の撤退に伴う、地域の集客力の低下が嫌気された。一方、商業施設「ファボーレ」の増床があった富山市では周辺の地価が上昇。県内では商業施設効果が鮮明になっている。

「大和に通うお年寄りがいなくなり、町を歩く人が一層減りました」。大和高岡…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]