/

この記事は会員限定です

空飛ぶクルマ、8年後に自動運転 挑むスタートアップ

CTO30会議(26)

[有料会員限定]
日経BP総研

「空飛ぶクルマ」と呼ばれる電動垂直離着陸機の開発・販売を目的として2018年7月に設立されたスタートアップ企業、SkyDrive(スカイドライブ、東京・新宿)。空飛ぶクルマを手掛ける企業は世界に100社ほどあるが、その中で生き残る企業は数社といわれる厳しい開発競争を繰り広げている。空飛ぶクルマ実現に向けた進捗状況、日本の開発環境、そして人の移動がどう変わるのか、同社の代表取締役の福澤知浩氏に聞いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン