日経平均反発、終値334円高の1万6887円

2020/3/23 15:01 (2020/3/23 15:47更新)
保存
共有
印刷
その他

23日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前営業日比334円95銭(2.02%)高の1万6887円78銭で終えた。日銀が前営業日の19日に株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ額を2000億円規模に増額したのを受け、今後も高水準のETF買いが継続するとの期待から買いが優勢になった。公的年金の買い観測も浮上して上げ幅は一時500円に迫り、1万7000円台に乗せる場面もあった。

ソフトバンクグループが午後に大規模な資産売却を原資とした自社株買いや負債削減策を発表し、株価は制限値幅の上限(ストップ高)まで上昇して日経平均を1銘柄で100円超押し上げた。買いが一巡後は、今晩の米株式相場の動向を見極めたいとして、上値は抑えられた。

東京五輪の延期観測が強まったのも相場の重荷となった。米国の経済対策について民主党が独自案を検討しているとの報道を受けて経済対策をめぐる法案の成立時期を巡る不透明感が増し、ダウ先物の下げ幅が大きくなったことも買いを鈍らせた。

JPX日経インデックス400は4日続伸した。終値は前営業日比56.43ポイント(0.49%)高の1万1548.12だった。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸し、8.79ポイント(0.68%)高の1292.01で終えた。

東証1部の売買代金は概算で4兆152億円。売買高は26億9739万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1613銘柄と全体の約74%を占めた。値下がりは527、変わらずは26銘柄だった。

SOMPOエーザイ、第一三共が買われた。ファナック住友鉱三菱重コマツも上昇した。半面、トヨタセブン&アイが売られた。ANAHDマツダ日産自中部電は下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]