「新型コロナ病院」日本でも10日で建設可能

ヘルスケア
住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2020/3/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の湖北省武漢市で新型コロナウイルス専門病院として、整備開始から10日後に稼働した「火神山医院」。延べ床面積3万3900平方メートル、ベッド数1000床の巨大施設が瞬く間に出来上がった様子は、世界を驚かせた。技術的な側面からこのプロジェクトを分析した場合、日本でも同様の施設を建てることは可能なのだろうか。技術系デジタルメディア「日経クロステック」では、数多くの病院整備で建設コンサルタントを務め…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]