KDDIの5G、データ無制限で月8650円

2020/3/23 10:52
保存
共有
印刷
その他

KDDI(au)は23日、次世代通信規格「5G」サービスを26日に始めると発表した。現行の4Gのプランに1000円上乗せして、データ通信容量の上限なしで月8650円(税別)で提供する。NTTドコモは25日、ソフトバンクも27日に5Gサービスを開始し、国内の携帯大手の競争が本格的にスタートする。

23日午前のネット中継の記者会見でKDDIの高橋誠社長は「当社はデータ使い放題の先駆者だ。当然、5Gでもデータ使い放題にする」と強調した。データ容量が「無制限」の5Gプランで、データ通信量が多い高精細映像や拡張現実(AR)など新サービスの需要を取り込む狙いだ。

KDDIの4Gのデータ上限なしプランは月7650円で、5Gのプランはこれに1000円上乗せする水準だ。ただ、8月末までに契約すると月1000円の割引キャンペーンがあり、25カ月間は4Gと同水準の月7650円で利用できる。家族割引などを併用する場合は月3460円と、4Gと比べ安くなるケースもある。米動画配信大手ネットフリックスの月額利用料を組み込んだ5Gプランも設けた。

5G対応のスマートフォンの端末は、韓国サムスン電子や中国の小米(シャオミ)製など7機種を順次発売する。

KDDIの発表で携帯大手3社の5Gプランが出そろった。料金は各社ほぼ横並びだが、キャンペーンや独自コンテンツを競い合う。NTTドコモは25日からサービスを開始し、大容量プランのデータ容量は100ギガ(ギガは10億)バイト、月7650円で提供する。ただ、当面はキャンペーンでデータ上限をなくす。

27日に始めるソフトバンクは5G専用のプランは設けずに、現行の4Gサービスに月額1千円を上乗せする。8月末までに加入すれば2年間は追加料金を取らない。大容量プランの場合、月7480円で使えるようにする。楽天は6月に5Gサービスを始める予定だ。

ただ、5Gサービスは当面、利用地域が限られる。KDDIは15都道府県の一部地域から開始する。ドコモは主要交通施設や観光スポットを中心に29都道府県の150カ所から始め、ソフトバンクは東京や大阪など7都府県の一部地域からスタートする。通信エリアの整備が課題だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]