/

英、150万人に自宅待機要請 持病ある人など12週間

(更新)
ジョンソン英首相はまだ国民に外出禁止令など厳しい行動規制はかけていない=ロイター

【ロンドン=中島裕介】英政府は22日、新型コロナウイルスによる犠牲者や重症者の数を抑えるため、がんや呼吸器系の持病がある人など150万人に12週間、自宅待機をするよう要請した。公費で医療サービスを担う国民医療制度(NHS)が対象者を特定して手紙などを送り、自宅にとどまるよう求める。重症化リスクの高い人を重点的に感染から守る狙いだ。

介護スタッフの訪問は今まで通り受けられるようにし、対象者が孤立しないために食料を配達するなどの策も講じる。英政府は20日にパブやレストラン、劇場など人が集まる施設へ休業を要請したが、運動や散歩を含めた外出禁止令は現段階では出ていない。

ジョンソン首相は22日の記者会見で公園などを散歩する際にも、他人と2メートル以上距離を取る必要があると指摘した。そのうえで「国民がそれを責任持ってやらない場合には、さらなる手段を取る必要がある」と述べ、状況次第では外出禁止令など厳しい行動規制も検討する考えを示した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン