/

この記事は会員限定です

都がコロナ重症者に最大700病床確保 催し自粛延長も

[有料会員限定]

東京都は22日、新型コロナウイルスの今後の感染拡大に備えて、症状が悪化した患者を受け入れる医療体制を拡充する方針を固めた。重症患者の入院を受け入れる病床を都内で感染症指定病院を中心に最大700床確保することを目指す。3月末まで都主催の大規模イベントを中止・延期しているが、大規模感染を防ぐため同様の措置を4月12日まで継続する方針。

小池百合子知事が23日に発表する方針に盛り込む。重症ではないが入院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン