日生、社債投資でも企業と対話 ESG対応求める

2020/3/22 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本生命保険は2020年度から機関投資家として投資先企業と対話する資産に国内社債を加える。ESG(環境、社会、統治)の観点から、気候変動に関する情報開示などを求めていく。従来の株式に加えて社債でも企業と対応することで、長期的な企業価値を高めて投資収益の向上につなげる。

日生は約1.5兆円の投資残高を持つ民間では国内最大級の社債投資家。機関投資家の行動指針を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]