三菱UFJリース マレーシア進出 仏最大手と共同出資

2020/3/22 23:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJリースは2020年度半ばにも自動車リース世界最大手である仏ALDとの共同出資会社をマレーシアに設立し、現地で企業向け自動車リース事業を始める。世界全体で約180万台の車両を持つALDの管理や補修サービスのノウハウを得て、アジアで事業拡大を図る。

三菱UFJリースの出資額は数億円で、出資比率の過半はALDが持つとみられる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]