東京ムーブメント

フォローする

岩手で「復興の火」巡回展示 三陸鉄道とSL銀河で運ぶ

大震災9年
2020/3/22 17:27
保存
共有
印刷
その他

聖火皿に点火する達増知事(22日、岩手県宮古市)

聖火皿に点火する達増知事(22日、岩手県宮古市)

東日本大震災の被災地で、「復興の火」として巡回展示が始まった2020年東京五輪の聖火は22日に岩手県入りし、津波で被災した沿岸部を走る三陸鉄道(同県宮古市)やJR東日本のSL銀河で運ばれた。出発地点の宮古駅のほか、JRへの乗換駅の釜石など両鉄道の一部の途中駅で聖火を公開した。各駅前では住民が大漁旗や小旗を振って出迎えるなどしてムードを盛り上げた。

「復興の火」として三陸鉄道で運ばれる五輪の聖火(22日)

「復興の火」として三陸鉄道で運ばれる五輪の聖火(22日)

宮古駅前では、午前8時ごろに震災犠牲者に黙とうがささげられ、出発セレモニーが始まった。式典には岩手県の達増拓也知事や三陸鉄道の中村一郎社長らが出席。達増知事が「国内外からの支援への感謝と復興への誓いをこの火に込めて、岩手から送り出す」と宣言し、聖火皿に点火した。

聖火のともったランタンは三鉄で釜石に運ばれた後、SL銀河でこの日の終点の花巻に向かった。陸中山田や大槌、遠野など一部の途中駅では駅前でランタンを展示した。当初は展示に加えて子供たちによる合唱や郷土芸能の披露などのセレモニーを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった。

JR遠野駅前で展示された聖火を撮影する住民ら(22日、岩手県遠野市)

JR遠野駅前で展示された聖火を撮影する住民ら(22日、岩手県遠野市)

それでも沿線住民らは大漁旗を振って出迎えるなどして盛り上げ、展示された聖火の撮影に長蛇の列を作った。23日は大船渡市内で公開する。

聖火は20日に宮城県に到着し、「復興の火」として同県石巻市や仙台市で展示。24日に福島県入りし、26日から同県で聖火リレーが始まる。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする

 来夏へ延期された東京五輪・パラリンピックについて東京都の小池百合子知事は5日、定例の記者会見で「合理化、簡素化すべき部分は関係者の間で様々な検討が必要」と話した。国際オリンピック委員会(IOC)との …続き (6/5)

 自民党2020年五輪・パラリンピック東京大会実施本部の遠藤利明本部長は5日、来年夏の東京五輪の開催可否を巡り「来年3月あたりで判断しなくてはならないのかなと思っている」と述べた。遠藤氏は元五輪相で、 …続き (6/5)

東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる国立競技場(東京都新宿区)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年に延期された東京五輪・パラリンピックについて、東京都や大会組織委員会が大会の簡素化を検討している。入場行進を取りやめるほか、販売チケットを減らし観客席の …続き (6/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]