/

東京都心で桜満開、昨年より5日早く 名古屋では開花

気象庁は22日、東京都千代田区の靖国神社にある桜の標本木が満開になったと発表した。平年より12日早く、昨年より5日早い。今シーズン、沖縄・奄美を除き、全国で最も早い満開宣言となった。

気象庁によると22日午後、東京管区気象台の職員が標本木のソメイヨシノを観察し、8割以上の花が咲いているのを確認した。東京はここ数日、最高気温が20度前後のぽかぽか陽気。千代田区では22日午前、平年の最高気温より約9度高い23.7度で、5月下旬並みの暖かさだった。

ソメイヨシノの開花は14日、東京都心で全国に先駆けて観測された。

一方、名古屋地方気象台は22日、名古屋市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より4日早く、昨年と同じだった。通常は1週間から10日ほどで満開となる見込み。

22日午前、同気象台の敷地内にある標本木に10輪ほど咲いているのを職員が確認した。名古屋市ではここ数日、最高気温が20度前後の暖かい日が続いていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン