大分の病院、院内クラスターか 看護師ら14人感染

2020/3/22 12:30
保存
共有
印刷
その他

大分県は22日、大分医療センター(大分市)の20代と50代のいずれも女性の看護師計2人が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。病院関連の感染者は14人となった。県は院内でクラスター(感染者集団)が発生したとみて、職員や入院患者ら計約600人のPCR検査を進めている。

 勤務する医師や看護師らが新型コロナウイルスに感染した大分医療センター(20日夜、大分市)=共同

厚生労働省の「クラスター対策班」が21日午後、センターに入り、感染経路などの調査を始めている。県内での感染確認は大分市の飲食店従業員の女性を含め計15人となり、九州7県の中で最多。同センターは当面、外来診療を休止するとしている。

県によると、新たに感染が確認された看護師2人は鼻水や発熱の症状があるが軽症。これまで感染が確認された医師や看護師、元入院患者らと同じ病棟で勤務しており、濃厚接触者として21日に検査を受けた。

センターでは、今月入院していた同県臼杵市の60代夫婦の感染が19日に判明。翌20日に医師2人、看護師と職員、別の元入院患者の感染が確認されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]