米経済、3割休止状態 移動制限で消費や住宅に影響

2020/3/21 18:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ニューヨーク州やカリフォルニア州など米経済の屋台骨である主要州が、外出禁止などの強制措置の対象になった。米国の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大経済圏で、個人消費や住宅市場の縮小が避けられない。業種では小売りや外食から、中核の金融やIT(情報技術)にまで影響が拡大し、2020年に米経済がマイナス成長に陥るとの予測もある。

カリフォルニア州は19日、日用品の購入や通院など必要不可欠な場合を除…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]