バフェット氏「悲観は友、陶酔は敵」
編集委員 藤田和明

備える
2020/3/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「悲観は友達であり、陶酔が敵である」。米バークシャー・ハザウェイを率いる投資家ウォーレン・バフェット氏が株主にあてて毎年書く手紙をいまひもとくのであれば、2008年の手紙が最もいいのではないか。米リーマン・ブラザーズが破綻し、金融危機の大波が世界を襲った年だ。市場が真っ暗闇のなかで、バフェット氏は投資をするには好機だと訴えていた。

■危機時の「最後の買い手」

実際、バフェット氏は経営危機に直面して…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]