/

この記事は会員限定です

バフェット氏「悲観は友、陶酔は敵」

編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

「悲観は友達であり、陶酔が敵である」。米バークシャー・ハザウェイを率いる投資家ウォーレン・バフェット氏が株主にあてて毎年書く手紙をいまひもとくのであれば、2008年の手紙が最もいいのではないか。米リーマン・ブラザーズが破綻し、金融危機の大波が世界を襲った年だ。市場が真っ暗闇のなかで、バフェット氏は投資をするには好機だと訴えていた。

危機時の「最後の買い手」

実際、バフェット氏は経営危機に直面していた米ゴールドマン・サックス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン