/

東京海上社員が新型コロナ感染、濃厚接触者なし

東京海上日動火災保険は21日、研修でスペインに留学していた30代の男性社員1人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。社員は新型コロナの感染拡大を受けて15日に日本に帰国したところ、18日に発熱。検査したところ新型コロナへの感染が判明した。帰国後は横浜市内の宿泊施設に滞在しており、濃厚接触者はいないという。

東京海上によると、社員は留学中だったため、同社の拠点、顧客や社員との接触はない。同社は現在、出張を原則禁止とするなど新型コロナの感染拡大防止に取り組んでいる。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン