/

ボーイング、株式配当を停止 コロナ危機で資金確保

【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングは20日、株式配当を当面停止すると発表した。新型コロナウイルスの影響拡大で航空機の需要低迷が見込まれることから、配当を止めて資金確保を優先する。デビッド・カルホーン最高経営責任者(CEO)とラリー・ケルナー会長への報酬も年内いっぱい停止する。

ボーイングは小型機「737MAX」の運航停止で自社株買いを取りやめ後も、株主への配当を続けていた。同社はコロナ危機に伴い米政権に資金支援を要請したが、配当を出しながら政府支援を求める姿勢に批判も出ていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン