2月の米中古住宅販売、13年ぶり高水準 「足元は客足減」

2020/3/21 3:51
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が20日発表した2月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で577万戸となり、前月比6.5%増えた。2カ月ぶりの増加で、2007年2月以来13年ぶりの高水準となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(550万戸程度)も上回った。前年同月比では7.2%増加した。

米中古住宅販売は新型コロナ拡大の影響で客足が落ちている(オレゴン州)=ロイター

販売価格(中央値)は27万100ドル(約3000万円)で前年同月比8.0%値上がりした。

NARのエコノミストは販売増について、極めて低い住宅ローン金利と長年蓄積されていた需要が解き放たれたためと分析した。しかし、2月のデータは住宅市場は新型コロナウイルス感染拡大の影響を映しておらず、足元では「客足は確実に落ちている」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]