NYダウもみあい、一時300ドル超上昇

2020/3/20 22:32 (2020/3/21 0:16更新)
保存
共有
印刷
その他

20日のニューヨーク証券取引所(NYSE)=ロイター

20日のニューヨーク証券取引所(NYSE)=ロイター

【NQNニューヨーク=松本清一郎】20日の米ダウ工業株30種平均はもみ合っている。午前9時50分時点の値は前日比73ドル80セント高の2万0160ドル99セント。大型ハイテク株を中心に買い先行で始まり上げ幅は一時300ドルを超えたが、新型コロナウイルスによる世界的な景気下振れ懸念は強く、下げに転じる場面もある。ゴールドマン・サックスなど金融株の下げが目立ち、相場の重荷になっている。原油相場の反落で石油株も安い。

市場心理を測る指標である米株の変動性指数(VIX)は60台後半で高止まりしている。不安心理が高い状態とされる20を大きく上回る。バンク・オブ・アメリカは19日、米主要企業の今年の1株利益が前年比15%減るとの予想を出した。企業収益悪化への警戒感が強く、買いが控えられている。

大型ハイテク株の一角には見直し買いが入っている。世界景気が悪化する中でも、相対的なダメージは小さいとの見方が背景にある。ソフトウエアのマイクロソフトは新型コロナのまん延で在宅勤務が増え、ビジネス対話アプリの利用が急増していると前日に明らかにした。外出の自粛でネット通販の利用が伸びるとの期待から、アマゾン・ドット・コムは一時3%強上げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]