スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬一気、正攻法で前へ 2敗対決で朝乃山を圧倒

2020/3/20 22:08
保存
共有
印刷
その他

大一番に敗れた朝乃山は苦笑交じりに勝負を振り返った。「何でこうなったのかわからない。気づいたら上体が起きていた」。真っ向勝負で横綱を打ち倒せば大関昇進と賜杯が見えてくる――。そんな期待と自信を根こそぎ刈り取るように立ちはだかった白鵬の圧倒的な強さ。もう笑うしかない、という心境だろう。

白鵬(左)が押し出しで朝乃山を破る

白鵬(左)が押し出しで朝乃山を破る

とにかく横綱が速かった。左脇をがっちり締めて朝乃山得意の右差しを許さず、自らは右を差して一気の寄り。土俵際で相手が試みた苦し紛れの突き落としをグッとこらえ、逆に弾き飛ばす力強さもあった。

【関連原稿】単独首位の碧山2敗目、両横綱並ぶ

「集中力があったね、きょうは。(立ち合いが)低いよね」と、八角理事長(元横綱北勝海)は白鵬の見違えるような盤石の相撲に舌を巻く。前日の正代戦で雑な張り手を振り回して自滅したショックなどみじんも見せず、本来の姿を取り戻す切り替えの速さはさすがというほかない。立ち合いでかち上げも張り手も使わず、正攻法で前に出る白鵬はやはり強い。

打ち出し後は前日に続いて報道陣の問いかけに無言を貫いた。14日目は同じく2敗の碧山戦、そして千秋楽には鶴竜との横綱対決が待っているはず。その険しい表情からは、もう最後まで隙は見せないという決意がうかがえた。(本池英人)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

3場所出場停止となった阿炎=共同

 日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反して接待を伴う店で会食した東前頭5枚目の阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=を出 …続き (6日 23:45)

 日本相撲協会は6日の理事会で、大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)前後の日程を決め、新型コロナウイルスの影響により、横綱審議委員会による場所前の稽古総見は中止となった。秋場所後恒例の明治神宮土 …続き (6日 22:26)

母校の鳥取城北高を表敬訪問し、取材に応じる照ノ富士(6日、鳥取市)=共同

 大相撲7月場所で2015年夏場所以来、30場所ぶり2度目の優勝を飾った元大関で平幕の照ノ富士関(28)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が6日、母校の鳥取城北高(鳥取市)を …続き (6日 12:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]