/

草場良八氏が死去 元最高裁長官

ロッキード事件丸紅ルートの上告審で最高裁大法廷の裁判長を務めた元最高裁長官の草場良八(くさば・りょうはち)氏が3月13日午後5時8分、老衰のため死去した。94歳だった。告別式は近親者で行った。

1949年、東大法学部卒。最高裁事務総長、東京高裁長官などを経て89年に最高裁判事。90年に第12代最高裁長官に就任し、95年に退官した。

長官在任中、嘱託尋問調書の証拠能力を否定したロッキード事件丸紅ルートの大法廷判決や、非嫡出子の相続格差を合憲とした決定などに関わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン