/

この記事は会員限定です

毎朝駅であおった缶ビール 働く女性、酒の落とし穴

[有料会員限定]

この日のテーマは「飲酒時代の孤独」だった。1月末、名古屋市内で開かれた断酒会。アルコール依存症と向き合う人が治療の一環で体験を語り合う集いだ。

参加者には女性が少なくない。酒浸りの夫に影響されて酒量が増え、娘から「なんでこんな母親から生まれたんだろう」となじられた、子育ての悩みからアルコールに溺れた――。仕事のストレスから酒の落とし穴に落ちる働く女性もいる。

仕事帰り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン