2019年の米経常赤字 11年ぶり高水準

2020/3/20 5:46
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が19日発表した2019年の米経常収支は4983億5100万ドル(約55兆2200億円)の赤字で、前年に比べ1.5%赤字が膨らんだ。赤字拡大は6年連続で、赤字額は08年以来11年ぶりの高水準となった。

2019年の米経常収支は11年ぶり高水準となった(米フロリダ州の港に停泊する貨物船)=ロイター

移民の送金などの第2次所得収支の赤字が拡大した。一方、モノとサービスを含む貿易赤字は6164億2500万ドルで前年から1.8%縮小した。トランプ政権が不公正貿易の是正を求めて中国などに制裁関税を課し、貿易赤字が縮小した。

経常赤字の国内総生産(GDP)に占める比率は2.3%で、前年より0.1ポイント縮小した。

一方、10~12月期では経常収支は1098億2200万ドル(季節調整値)の赤字で、赤字は前期比12.4%縮小した。経常赤字がGDPに占める比率は2.0%となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]