/

イタリアのコロナ感染死者、中国を上回り世界最多に

(更新)
イタリア北部クレモナの病院でコロナウイルスの治療にあたる医療スタッフ=ロイター

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリア当局は19日、新型コロナウイルスによる死者が前日比14%増の3405人となったと発表した。ウイルスの発生源となった中国の死者数(3245人)を上回って、世界最多となった。感染者が集中する伊北部では病床や医療関係者が不足しており、深刻さが増している。

累計の感染者数は15%増の4万1035人で、中国の感染者の約半分の水準に達した。欧州では断トツに多く、感染の中心地となっている。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「欧州がパンデミック(世界的な大流行)の震源地になっている」と指摘した。

イタリアは2月下旬から流行が本格化し、その後、感染者が毎日2~3割増えていた。同国政府はウイルスの封じ込めに向け、10日から全土で人の移動を制限した後、飲食店などの店舗も閉鎖する強力な措置をとった。この結果、最近では感染ペースは緩やかになっている。ただ、イタリアは高齢者が多く、死者の増加に拍車がかかっているとみられる。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン