/

この記事は会員限定です

「個人が支え合う真のシェア社会に」石山アンジュ氏

シェアリングエコノミー協会事務局長

[有料会員限定]

石山アンジュ氏(30)は民泊やシェアハウス、相乗り、家事支援などに代表されるシェアリングエコノミー(共有経済)の「伝道師」です。シェア経済の10年後を聞きました。

石山アンジュ氏(いしやま・あんじゅ) 1989年生まれ。横浜市出身。一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局長。内閣官房「シェアリングエコノミー伝道師」。2012年国際基督教大を卒業後、リクルート、クラウドワークスを経て現職。

――2030年の世界の姿は。

幸せや豊かさを実現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン