/

この記事は会員限定です

ネクストーン 音楽の著作権管理

[有料会員限定]

音楽の著作権管理事業を手がける。著作権者からの委託を受けて放送局や音楽配信事業者に利用を許諾し、使用料を徴収して分配する。同事業は日本音楽著作権協会(JASRAC)が事実上独占していたが、2001年に著作権等管理事業法が施行され、新規参入が容易になった。20社以上が参入したなかで、生き残ったイーライセンスとジャパン・ライツ・クリアランスが16年に経営統合し、現在のネクストーンを設立した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン