気付きにくい視野障害 高齢者ドライバーは要注意

医療・健康
2020/3/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高齢ドライバーは注意すべきなのにあまり知られていない目の病気が、視野障害だ。高齢者に多い緑内障などが原因で、視野の欠如や狭さくで信号を見落としたり飛び出しに気づくのが遅れたりする。視力は低下しないケースもあり、気付かずに運転を続けて事故を起こす危険がある。専門家は「運転する高齢者は一度、眼科で受診してみてほしい」と呼びかけている。

「年をとると視野が狭くなる眼疾患が増える」と説明するのは西葛西・…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]