横須賀・猿島のワカメ 養殖技術で名産守る
海と水辺の散歩

コラム(社会・くらし)
2020/3/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

春の魚売り場にはタイやメバルなどとともに褐色の生ワカメも並ぶ。ほぼ全国の海岸に自生するが流通するのは養殖ものがほとんどだ。養殖技術は1955年ごろから宮城県などで開発され、60年代半ばに各地に普及した。

現在の国内養殖生産量は約5万トン、岩手県と宮城県の北方系ワカメ(ナンブワカメ)が約7割を占め、徳島県のナルトワカメの約13%がこれに続く。

神奈川県横須賀市でもワカメが養殖されている。63年に栗…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]