時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,363,805億円
  • 東証2部 56,770億円
  • ジャスダック 75,057億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.01倍 --
株価収益率12.76倍14.03倍
株式益回り7.83%7.12%
配当利回り2.38% 2.39%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,950.18 +373.88
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,150 +580

[PR]

マーケットニュース

フォローする

IPO中止7社に、年間で最高更新 アイキューブドも発表

九州・沖縄
福岡
2020/3/19 20:30
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染が広まり新規株式公開(IPO)市場が混乱している。ソフト開発のアイキューブドシステムズ(福岡市)は19日、4月に予定していた上場を中止すると発表した。2020年の中止は7件となり、年間ではデータがある04年以降の最高を更新した。IPOで投資回収を計画していたベンチャーキャピタル(VC)にも影響しそうだ。

東証によると、IPOの中止はこれまで18年の5件が最多だった。

アイキューブド社は4月7日に東証マザーズへの上場を予定していた。中止について「最近の株式市場の動向を考慮した」と説明する。アイキューブドはIPO時の公募が10万株に対して、既存株主による売り出しが68万株と多かった。売り出しの半分はVC関連とみられる。18日までに上場中止した6社のうち3社は売り出し株数が公募株数を上回るか、公募を予定していなかった。

また19日には、4月上旬にマザーズへ上場するコマースOneホールディングスとステムセル研究所も、この日に予定していた公開価格の仮条件決定をそれぞれ23日、24日に延期すると発表した。

ここ数年はIPOが年間に90社前後と高水準だった。潤沢な資金を持つVCなどが未上場企業に出資して成長させた後に、IPOに伴う売り出しで資金を回収。別の企業に投資するサイクルがIPO市場を支えていた。IPO支援会社、ラルクの鈴木博司社長は「コロナ問題によってVCに資金を出す機関投資家も業績が悪化しそう。長期化するとベンチャー投資が滞る恐れがある」と指摘する。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム