/

歓迎と鎮魂込めて竹あかり 聖火到着待つ宮城・東松島

東京五輪の聖火到着を翌日に控えた19日、到着地の航空自衛隊松島基地を抱える宮城県東松島市で聖火を歓迎するとともに、東日本大震災の犠牲者鎮魂を祈る照明「竹あかり」が点灯した。市内の復興祈念公園や東名運河沿いなどに設置。

東京五輪の聖火を歓迎するためともされた東日本大震災の犠牲者鎮魂を祈る照明「竹あかり」(19日夕、宮城県東松島市)=共同

津波で大きな被害を受けた同市野蒜地区の住民や地元有志が企画した。穴を開けて模様を付けた竹筒内で発光ダイオード(LED)をともす竹あかりは、高さ30~60センチで計1133本。震災による市内の死者、行方不明者と同数を用意した。

企画した三井紀代子さん(47)は「『復興五輪』に向けて、被災地からの感謝の意味も込めました」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン