宿泊キャンセル6万人超 石川県の主要ホテル・温泉

2020/3/19 19:02
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による観光へのダメージが深刻化している。石川県が主要7温泉地と金沢市内の主要7ホテルに聞き取った調査によると、1月25日~3月12日のキャンセル数は6万6266人だった。中小規模のホテルや旅館は対象に含んでいないため、実際のキャンセル数はさらに多いとみられる。

内訳は温泉地(山中、山代、片山津、粟津、湯涌、和倉、輪島)が5万1010人、金沢市内のホテルは1万5256人だった。キャンセルは2月末から日本人を中心に急激に増え、宿泊者数や予約状況は前年同期の半分程度に落ち込んでいるという。

調査は13日に実施し、中国人観光客が増加する春節に合わせて1月25日からのキャンセルを聞いた。ホテルや旅館の名前は風評被害を招きかねないとして公表していない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]