/

ソフトバンクG株下げ止まらず、一時20%安

19日の東京株式市場でソフトバンクグループの株価が一時前日比636円50銭(20%)安の2609円50銭まで下げ、約3年8カ月ぶりの安値をつけた。「ビジョン・ファンド」を通じ世界の有力スタートアップ企業に投資してきたが、新型コロナウイルスの感染が広がり株安が加速。出資先企業の価値も下がると、警戒されている。

7営業日連続の下げとなり終値は17%安2687円。売買代金は連日で2000億円を超えた。

ファンドの投資先は「ユニコーン」と呼ばれる未上場の巨大企業が中心。「実態が外部から見えないために、金融市場が混乱する中では株式市場の不安が増幅されやすい」(国内運用会社)

SBG株は一般の個人投資家にも人気がある。こうした個人は逆張りの買いを入れる傾向が強く「2019年の下落局面では積極的に信用買いを入れていたが、足元では急落に耐えきれず投げ売りを迫られている」(岡三証券の小川佳紀日本株式戦略グループ長)。

株安によってクレジット市場にも動揺が広がる。企業の信用リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ市場で、SBGの保証料率は上昇している。QUICK・CDS平均(5年物)でみると、19日時点で5.25%と前日から0.85ポイント上昇して約10年半ぶりの高さとなった。

SBGは、純有利子負債を保有株価値で割った「負債カバー率(LTV)」を財務の物差しとしている。この数値が低いほど財務が健全として、異常時でも35%を上限とする。毎日開示している値は直近で18%だ。SBGが保有する株式の価値も27兆円を超えるが、株安がどこまで進むか分からないことが市場の懸念につながっている。

17日には米格付け会社S&Pグローバル・レーティングが現在ダブルBプラスのSBGの格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に変更した。

SBGは19年9月末時点で個人株主が28.5%を保有し、このうち筆頭株主である孫正義会長兼社長の保有比率は22%強。関東財務局への届け出によると、孫社長の保有株式のうち4割弱はみずほ銀行など金融機関に担保として提供されている。こうした株式は一般的に株価が急落すれば追加担保を求められる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン