/

この記事は会員限定です

雪が育む道産子ワイン、食の北限に挑む

[有料会員限定]

国内随一の生産基地、北海道が食の北限を切り拓(ひら)く。厳寒と豪雪を克服し、原野を農地に変えた明治期以来のフロンティア精神はなお健在。これまで北海道では栽培が困難または不可能だった果実でも、技術の進歩や温暖化で高い壁に挑める環境が整ってきた。試行錯誤と挑戦の最前線を追う。

まだ雪深い3月の名寄市郊外で、日本最北のワイナリーが2019年に仕込んだワインが出荷を待っていた。竹部裕二さん、麻理さん夫妻は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン