介護特定技能の合格者、オノデラが東南アで600人超

サービス・食品
東南アジア
2020/3/19 18:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

給食・外食事業を手掛けるONODERA(オノデラ)グループは18日、東南アジアで進める介護の特定技能人材の育成事業で技能試験の合格者が613人に達したと発表した。1月末までの各国の介護技能試験の合格者数は約1700人でその4割にあたる。同社は東南アジア4カ国で23校の介護向け特定技能人材育成拠点を運営している。日本企業では最大規模の体制とみられ、今後も学生数の拡大を目指す。

子会社で、日本国外で…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]