/

この記事は会員限定です

介護特定技能の合格者、オノデラが東南アで600人超

[有料会員限定]

給食・外食事業を手掛けるONODERA(オノデラ)グループは18日、東南アジアで進める介護の特定技能人材の育成事業で技能試験の合格者が613人に達したと発表した。1月末までの各国の介護技能試験の合格者数は約1700人でその4割にあたる。同社は東南アジア4カ国で23校の介護向け特定技能人材育成拠点を運営している。日本企業では最大規模の体制とみられ、今後も学生数の拡大を目指す。

子会社で、日本国外で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン