/

首相、再調査応じず 森友文書改ざん問題

安倍晋三首相は19日の参院総務委員会で、学校法人「森友学園」を巡る公文書改ざん問題で自殺した財務省近畿財務局職員の手記公表を受けた野党からの再調査要求について「麻生太郎財務相のもとで事実関係を徹底的に調査し明らかにした。再発防止を徹底していく」と述べ、応じない考えを示した。

文書の改ざんに関しては「国民の信頼を揺るがす事態となったことについて、行政の長として大きな責任を痛感している。改めて国民におわび申し上げる」と陳謝した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン