恩恵薄い原油安 政策・予算に影響 バンダナ・ハリ氏
シンガポール・バンダインサイツ創業者

松尾 博文
Asiaを読む
編集委員
2020/3/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の減産交渉が6日、決裂した。世界の需給バランスを維持するための連携が崩れ、石油が市場にあふれる可能性が強まった。原油価格は一時30%程度下落し、通常であれば、輸入依存度が高くエネルギー消費量が多いアジアの国々にとって大きな後押しとなったはずだ。

現在は通常の時期ではない。中国で始まった新型コロナウイルスの感染拡大は、世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]