/

この記事は会員限定です

鳥取のカニでリキュール 北岡本店、特産品を酒の素材に

[有料会員限定]

全国各地の特産品を活用して酒を造る北岡本店(奈良県吉野町)は廃校舎を改修した鳥取県の新工場で、鳥取の特産品を活用した新製品を相次いで開発した。2019年の新工場稼働後、二十世紀梨や柿、ベニズワイガニを入れたリキュールを発売。同社は「鳥取産品の付加価値を高める一助になれば」と今後も鳥取の素材を活用した製品開発を進める。

北岡本店が鳥取県八頭町で新工場を稼働させたのは19年11月。12月には第1弾とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン